ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2011年5月22日OZインプラント臨床研究会例会 | main |
2011.05.07 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.05.07 Saturday

OZの会6月例会

JUGEMテーマ:歯の健康
 

              OZの会6月例会

 

 雨の季節となりますが 被災地では 如何してお住まいでしょう。先生にはお元気にご活躍のことお慶び申し上げます。

歯科治療も日常臨床を通して患者様に感動を与えて、喜ばれています。

私たちも先輩の先生方の講演を受け感動して治療方針の変化を求めてきました。又、様々に治療の向上に影響をもたらすグループが数多く存在しています。

OZの会6月例会ではJIADSの松井 徳雄先生をお招きして開催いたします。是非、ご出席ください。

 

        日時 平成23年6月5日()

        場所 渋谷区歯科医師会館

        会費 3000円

        講演 1.歯科における体成分分析装置の有用性

                      伊藤超短波 小坂 景様

           2.前歯部フレアアウトの改善に苦慮した症例につえて  

                      東京都開業 山本一宇先生

           3.歯周組織再生療法

                         JIADS 松井 徳雄先生

演題  歯周組織再生療法

                    JIADS 松井 徳雄先生

歯科治療すべての目標は、できる限り多くの歯牙を長期的に維持し、機能させることと言えると考えます。しかし来院される患者には歯周疾患、カリエス、根尖病変、歯牙欠損、歯列不正、咬合不調和などの複雑な問題が見られ、健全な状態で長期的な安定を求めることが難しい場合が多いことが現実です。これらのさまざまな問題に対する解決には、歯周、補綴、エンド、矯正、インプラント治療などの総合的な対応が必要であろうと思われます。

 近年、特にインプラント治療や再生療法の進歩は急速であり、10年前には困難であったことが、現在ではその治療結果の予知性が高くなり、有効な治療オプションとなっています。一方、考え方や治療術式も多岐にわたり、どのような状況の場合にどの術式、どの材料を使用するかを悩むことも多いのが現状です。

 今回は特に歯周組織再生について症例呈示を行い、考察を行いたいと思います。

     ご出席     ご欠席

                 お名前

              FAX 03-3710-7071

 

 

2011.05.07 Saturday

スポンサーサイト

コメント

ずっと童・貞で自分に自信無くて悩んでたんだけど…
このサイトで卒業してからマジで人生変わった!!

やっぱ人って何歳でも変われるんだね♪
ちなみに35歳っすwwww
http://c7z08hr.lililil.lililil.info/c7z08hr/

紳助引退の真相はこちら
http://fll7qdu.ato.zetto.info/fll7qdu/
  • AtoZ
  • 2011.08.30 Tuesday 22:39
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR